ドローンには上空から電波の送信を行う無線機器が搭載されます。無人移動体画像伝送システムの無線局として開設手続きを行います。そのために無線従事者の資格(三陸特以上)等が必要となることがあります。

もっと詳しく知る(総務省・電波利用ホームページへ)

FPVはアマチュア無線のバンド5.8GHzを使います。アマチュア無線4級の資格で鳥が飛ぶような体験を楽しみましょう!

もっと詳しく知る(総務省・電波利用ホームページへ)

 
 
 

サポートのお申込みは、次のStepに従って、
フォーム入力をお願いします。

Step1. 無線局開設に必要なものを準備して下さい。

ドローン本体・映像送信機

無線従事者免許(3陸特、アマ4等)

飛行マニュアル・取扱説明書等

FPVゴーグル(注)レジャーのみ

Step2. フォームにしたがって入力をお願いします。
見積り依頼フォーム

*必須入力。Please fill out this field.

会社名をお願いします。個人の方は入力の必要はありません。

*必須入力。Please fill out this field.

  
ドローンは空を飛ぶ無線局です。電波法を守って正しく運用しましょう。
  
その他のサービスのご案内
電波環境調査

ドローンは主に2.4GHz帯といった非常に混み合ったバンドで運用されます。操縦系統と映像送信系統の干渉、他Wifi通信機器との干渉等が考えられます。 お使いの装置の不具合をご心配する前に、飛行エリアの電波環境調査を実施し、原因調査を行うことは安全なフライトのためにも重要です。 弊社で保有している測定器や電測やフィールド調査に対応していますのでご活用下さい。

無線局の登録点検

弊社では、ドローン以外の無線局開設のための登録点検の対応ができます。詳細はこちら(無線局の登録点検のページ)をご覧ください。