Topics of Annual Conference of Japanese Radio Law

Topics of Annual Conference of Japanese Radio Law

Friday, Oct 9, 2020| Tags: radio, Sprious emission, Broadcasting, MCA, LTE, BCP

去る2020年10月8日、一般社団法人 全国陸上無線協会九州支部 令和2年度法令周知会へ出席してきましたので、トピックスのご紹介です。

新スプリアス規格への対応


従前より総務省から周知されている内容ですが、旧スプリアス機器については、令和4年12月1日以降は使用できなくなります。

平成29年度12月1日以降に、免許の有効期限をむかえる無線局については、再免許または再登録の手続きを行うことで、旧スプリアス規格の無線局を使用することができますが、 期限は、令和4年11月30日迄となります。

新スプリアス規格への対応の具体的な方法としては、次の通りです。

  1. 無線機器を更新する際、新スプリアス規格に適合した無線機器へ取り替える
  2. フィルター挿入等の無線機器の改修を行い、新スプリアス規格へ適合させる
  3. 運用中の無線機器のスプリアスを実測し新スプリアス規格へ適合させる(弊社の測定器で実測することが可能です。)
  4. 製造業者等が測定したデータを活用する。

新スプリアス対応については、弊社で実測して届出し、令和4年12月1日以降も使用継続できるよう対応済みの無線局、またこれから使用期限に向けて対応をすすめている無線局がございます。

ご使用の無線局の状況はいかがでしょうか。「スプリアス」自体、聞き慣れない用語ですので、困っておられる方がいれば、 使用されている無線局のメーカー・型式、無線局免許状をもとに弊社で確認することができますので気軽にご相談下さい。

MCA無線機の動向について


2020年は、新型コロナ感染症や九州においては7月豪雨災害等、BCPの重要性がますます問われる世相になったと感じております。

そうしたなかで、MCA無線によるBCP対策状況の実績を説明して頂きました。

  • コロナ軽症者施設へのMCA無線の貸出し

  • 令和2年7月豪雨災害で被災された自治体へのMCA無線の貸出し

MCA無線は災害時においても安定した通信の確保をすることができ、救援活動や復旧作業に貢献しているとの説明がありました。 令和2年7月豪雨災害においても、電話やIP無線が利用できない状況があった中で、安定したサービスを提供したとの報告もあります。

MCA無線は、弊社でも取扱いしています。BCP用途だけでなく、一般業務での用途もご案内できますので、お問い合わせ下さい。

AMラジオ放送のあり方について


AMラジオ放送が、徐々にFM補完放送へ移行していくなかで、AMラジオ放送のあり方が検討されているようです。引き続き動向を追っていく必要がある状況です。

弊社においては、コミュニティFM局の技術サポートを行う上で、ラジオ放送における経営上の課題等を理解した上で、 登録点検をはじめ、放送ハード面での良い提案やご協力ができるように努めていく所存です。

まとめ


上述のトピックスをはじめ、登録点検事業者としての周知事項や、無線局免許申請についての研修を受けてきました。

2020年10月より「ドローン無線局開設サポート」事業もはじめておりますので、こちらもよろしくお願いします。

※ ドローン無線局開設サポートの詳細については、こちらをご覧下さい。→ https://www.heart-musen.com/special/drone-support/

お気軽にお問い合わせ下さい。

お客様の構想・企画の実現、お困り事の相談が私たちの仕事です。
無線に関すること、ソフトウェアやWEB等、ICT全般に関すること何でもどうぞ。

Contact with me