RF給電とVPP

work-single-image

電波エネルギーを電気に変える技術の研究

私の身の回りにあるラジオ、テレビ、スマートフォンには、電波を通じて音や画像が映し出されます。 電波が運んできたエネルギーを音や画像に変えることで、私たちは普段、音楽を聞いたり、映像を見たりして楽しんでいるのです。 エネルギーは、さまざまな形にかわることのできる物理量です。

このエネルギーを電気として使ってみたらどうでしょうか?

でも、電気としては、使えないかも知れませんね。普段、私たちがコンセントからとっている電気は、感電するくらい強いのですが、 ラジオやテレビの電波で感電することはありません。そんなにエネルギーがないということです。

それでは、たくさん電波を集めてみたらどうでしょうか?

もしかしたら、結構なエネルギーになるかも知れません。ラジオ放送やテレビ放送の電波を集めれば、再生エネルギーとして利用することができます。 風や太陽のエネルギーよりは弱いかもしれませんが、常時、安定したエネルギー供給がされるという点では、 使い方次第では、とても有用な電源となりえます。

どのように使えばよいか?

電波エネルギーを集める装置をたくさん作って、IoT技術でそれをつなぎ、仮想発電所(Virtual Power Plant)を構築します。 また風力発電や太陽光発電とつないで、自然エネルギーのムラを安定化させるシステムも考えられます。

私たちが今できること

私たちのハートむせんでは、RF再生エネルギーやVirtual Power Plantの研究をはじめたばかりで、 確固たるビジネスとして展開していくには、まだまだやることがたくさんありますが、RF技術、IoT、ソフトウェア開発技術を応用して、 新しい時代の電源開発をすすめていきます。

Clients
under researching and developing
date
July 1, 2019
category
[mockup design]
locations
Tarumizu city, Kagoshima pref.

お気軽にお問い合わせ下さい。

お客様の構想・企画の実現、お困り事の相談が私たちの仕事です。
無線に関すること、ソフトウェアやWEB等、ICT全般に関すること何でもどうぞ。

Contact with me